夏期講習② 3つの目標:一億人総エグゼクティブ化

理念や教義などのコンテンツロゴス
この記事は約3分で読めます。

2020年8月15日 老師・あきお 講話

【3つの目標② 一億人総エグゼクティブ化】
 こちらは「誰もが指導者として、自ら考え自ら選ぶ社会に」の実現です。また「エグゼクティブ」の地位を獲得して「プロボカティブ(面白がること)」で、有意義な職業人生を目指します。そして、混迷を極める現代および将来には「仕事を楽しむ、聡明で強豪なリーダーが必要」です。『老子』に「大道廃れて仁義あり」という言葉があります。混濁した泥沼で、美しく咲いく睡蓮の花のように、気高い思想家や、影響力のある人材を生むために、私たちは励みます。

・エグゼクティブ=プロボカティブ(面白がる)
 現状、一般的な労働者の勤務時間は、1日8時間でしょうか。1日の3分の1ですね。休憩や残業を含むと、それ以上です。その上で仕事が退屈ならば、人生もまた同じだとは思いませんか。損と消耗です。あなたはそれを望みますか。就活中や転職中の人は、自分がどの仕事が合うのか、よく見極めて就職すれば良いですが、既に在職中で転職ができない人は、どうすべきか。いずれの方にも「勤勉」と「実践」を推奨します。試しに、仕事の分野を少しだけ、1つだけ勉強し、実践してください。それで、うまくいった、お客さんが喜んでくれた、という成功体験を得ると、今までの退屈さが「希望」に変わります。いいですか、素直に私に騙されて、試してください。もし失敗しても、ならば次はこうしよう、という「野望」が芽生えます。分かりましたか。

・誰もが指導者として、自ら考え自ら選ぶ社会に
 あなたは帰宅後に、ビールとスナック菓子を口にして、ゲームや動画に興じながら1日を終えていませんか。今後はそれを控えて、一緒に勤勉に励みましょうよ。第一、肥満の原因です。デーモン閣下は、テレビ番組『ポンキッキーズ』において「休日は何をしているか」という質問に「我々に休みはない。布教活動(仕事)以外は調査活動(勉強)をしている」とお答えになっています。あなたも仕事で1人か2人か、気に食わない同僚や顧客がいるでしょう。「会社は学校じゃない」と指導放棄する先輩もいるでしょう。そうした敵に「倍返し」するため、自分を理論武装するのです。人間は、分からない仕事には焦りを覚え、コントロールできない仕事には怒りを覚えます。これでは、高い成果は出せず、ストレスも溜まります。評価が下がるのみならず、心身も病みます。いいですか、これは人生の不幸です。他人への指示や依頼が苦手だから、出世したくないと言う人もいます。多くの人は、16年間の学校教育で、先生という目上に従うことには慣れていますが、目下に指図することに慣れていません。ならば、その方法も勉強するのです。不足なものはインストールする。スマホのアプリと一緒です。以後、あなた自身は締切に迫られて忙殺されず、お給料を貰えます。なんてラクでイチコロな仕事人生か。そう思いませんか。そうなりたくありませんか。

・仕事を楽しむ、聡明で強豪なリーダーが必要
 あなたは、どの政党を支持しますか。残念ながら、今の日本には「比較的まだマシ」な政治しかありません。選挙は「カレー味のウンコ」か「ウンコ味のカレー」かの消去法です。しかし私は、志高く優れた政治家を知っています。ところがやはり、前述のように出世しておらず、上役に頭を抑えられ、党議拘束もあり、力を発揮し切れていません。とはいえ、国家の真の運営者は官僚であり、政治家は形式上の指導者です。本当の原因は、幹ではなく根かもしれませんね。では、全体制を破壊と、自ら新政府を立てる「革命」を謳う人もいるでしょう。私は賛成しません。フランス革命とその末路と悲惨さは、歴史が証明しています。その時代に(途中まで)天才的に優秀な指導者、ナポレオン・ボナパルトが登場します。彼は常に、観察と分析、アイディアを駆使した実験を怠りませんでした。トゥーロン攻囲戦にて、若い下士官の彼は上官の嫌がらせにより、味方が苦戦中も後方待機を強制されました。しかし勝機と見て、先頭で笑いながら烏合の衆の民兵を鼓舞し、独断で進軍、敵要塞を陥落させます。私たちは、人々の未来に良い影響を与える聡明な指導者の輩出を願い、尽力していきます。


次回へ続きます。合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました