1つの使命について

理念や教義などのコンテンツロゴス
この記事は約2分で読めます。

私たちの使命は、まずは日本の「元気」を取り戻すことです。
元気とは、老若男女、日本国民すべての「豊潤(豊かさ)」です。
豊かさとは、「体」だけでなく「心」も含む「心身の豊潤」です。

私たちは、その達成に向け、科学的かつ学術的な「理論」を提供します。

あ、「豊潤」は、場合によって猥褻な表現として用いられる言葉ですが、
大いに結構。それは要するに、生命力に満ちあふれた好ましい状態です。
少子高齢化により、国民総生産が低下し、年金の破綻も確実な未来です。
人生100年時代なら、60歳で結婚し、子どもを授かって、不都合ですか。

体が豊かでも、心が豊かでなければ、うつ病等「精神疾患」になります。
多くの人が、心を飲食で満たすため生活習慣病「肥満」となっています。
肥満を解消すべく、サプリやジム通いなど、さらに出費を重ねています。
仕事や家事、お金に追われて「心に栄養を与えること」を忘れています。
今の日本人は、体は病気になるほど豊かなのに、心は「飢餓状態」です。
老師・あきおも、過去その一人であり、それが私塾創設に至る経緯です。

そしてもう一つ、元気には日本の体力「経済」の「再興」も含みます。
バブル崩壊以後、平成の30年で、日本はかつての栄光を失いました。
海外に行くと気づきますが、日本はテクノロジー導入が遅れています。
ソニー、パナソニック、キヤノン、東芝、日本は技術大国のはずでは。
過去の発展途上国が成長を遂げた今、Made in Japanの価値やいかに。
そして、新型コロナウイルスが、私たちの生活に変化を強制しました。

With、Afterコロナ時下、真の「豊かさ」は何かが見直されています。
これは「災害」ではなく、老師・あきおは「戦争」だと捉えています。
東京オリンピックは延期、営業自粛の業績不振、補助金で国庫は枯渇。
相次ぐ閉店、破産、失業、内定取消。そして、それによる自殺増加…。
経済という「国家の豊かさ」が損なわれると、人命も奪われるのです。

私たちを脅かす存在は、病気とウイルス、経済だけではありません。
また別の「見えない脅威」が、私たちに一歩、一歩と近付いています。
米国と中国の対立は「新冷戦」という「見える脅威」となりました。
南シナ海への各国の対策、サイバー攻撃、経済封鎖は既に激化中です。
それらはやがて「第3次世界大戦」という、大惨事へと膨らむのです。
そんな時代に、自分の心と体、国の経済をしっかりと維持することは、
現代と未来を生きる私たちのサバイバル、誰もができる「守り」です。

そして、近い日に必ず…、
そうした悲惨な未来を予め避けるため、世界の平和と人々を強く想い、
逃げも隠れもせず、堂々と意見できる、私たち日本に立ち帰るのです。

自室の机上にて。合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました